毛髪の90%は「ケラチン」でできている? ケラチンの多い食べ物とは?

Pocket

こんにちは高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室です。

皆さん髪の毛って何からできてるかご存じでしょうか?

タイトルにも書きましたが、「ケラチン」といった成分でできています。

「ケラチンてなに?」て感じかもしれませんが、体では爪や皮膚も「ケラチン」で構成されています。

知ってるようで知らない「ケラチン」解説していきます。

この記事でわかること
  • 「ケラチン」とは?
  • 「ケラチン」を多く含む食材とは?

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室について詳しくはこちらの記事を

nicoの髪質改善を見てみる

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室についてをInstagramで見てみる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takayuki-kusume(@nico.hairsalon)がシェアした投稿

毛髪や爪・皮膚を構成している「ケラチン」とは?

ケラチンとは毛髪や爪・皮膚を構成する「たんぱく質」になります。

髪のを構成するものは(たんぱく質・水・脂質・メラニン)で構成されており、その中でもたんぱく質は80~90%はたんぱく質になります。

そのたんぱく質の90%以上が「ケラチンたんぱく質」になります。

ケラチンたんぱく質とは?

18種類のアミノ酸からなるたんぱく質になります。

特徴として

  • 弾力性がある
  • 水分を含む繊維状
  • 硬ケラチンと軟ンケラチンに分かれる

爪などは「硬ケラチン」皮膚などは「軟ケラチン」にわかれます。

「硬ケラチン」「軟ケラチン」の違いは、アミノ酸の構成割合によってちがってきます。

「ケラチン」って体にはかなり重要な成分なんですね、キーワードとして「ケラチン」覚えておきます!

「ケラチン」を多く含む食材とは?

ケラチンを多く含む食材は「たんぱく質」や「アミノ酸」を多く含む食材ということになります。

上でも解説したように毛髪・爪・皮膚などに重要な「ケラチン」食事にバランスよく取り入れることで、綺麗な髪や綺麗な爪をを作ることが可能ではないでしょうか?

ケラチン(たんぱく質・アミノ酸
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 植物性ならブロコッリーや大豆

このようなような食材をとることは重要なのですが、一番大事なのは偏らないバランスの取れた食事を取ることが大事になります。

食事ってやはり大事なんですね、バランスよく「ケラチン」取りたいと思います。

まとめ

毛髪・爪・皮膚を構成するうえで重要な「ケラチン」

18種類の「アミノ酸」から構成された「たんぱく質」になります。

毛髪・爪・皮膚を良好な状態に保つには「食」が大事になり

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 植物性ならブロコッリーや大豆

などをバランスよく取ることをここらがけて下さい。

「ケラチン」について解説してきました。

最近ではヘアケア商品やサプリメントにも「ケラチン」を活用することが増えてきました。キーワードして「ケラチン」を覚えておいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA