アミノ酸シャンプーとは?ケラチンシャンプーとの違いとは?分かりやすく簡単に解説

Pocket

こんにちは高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室です。

日々、「髪の毛を綺麗にしたい」と美意識が高い皆様でしたらこのキーワードはよく耳にするキーワードではないでしょうか?

「アミノ酸シャンプー」をネットで「髪のダメージ」「髪に優しいシャンプー」などヘアケアを意識した検索をかけると必ず「アミノ酸シャンプー」が上位に上がってくるのではないでしょう?

大きい常識で「アミノ酸シャンプー=髪にいいシャンプー」という認識ではないでしょうか。

しかし美意識の高い皆様、もう一つ深い知識をつけてみませんか?

この記事でわかること

この記事でわかることはこちら

  • アミノ酸シャンプーとは?
  • ケラチンシャンプーとの違いとは?

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室について詳しくはこちらの記事を

nicoの髪質改善を見てみる

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室についてをInstagramで見てみる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takayuki-kusume(@nico.hairsalon)がシェアした投稿

アミノ酸シャンプーとは?分かりやすく簡単に解説

アミノ酸シャンプーは「アミノ酸洗浄成分」を配合したシャンプーのことになります。

アミノ酸とは?

「たんぱく質」を構成する成分になります。

人間の髪・皮膚・爪などは18~20種類ので構成された「たんぱく質」でできています。

ここでよく勘違いされるのが、「アミノ酸洗浄成分配合」と「アミノ酸配合(有効成分)」になります。

  1. アミノ酸洗浄成分=界面活性剤
  2. アミノ酸配合=他の界面活性剤配合のシャンプーにアミノ酸を配合(有効成分)したもの

「アミノ酸シャンプー」は①の洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸を使用している商品になります。

アミノ酸洗浄成分(界面活性剤)は通常の界面活性剤より高価で通常のシャンプーより商品価格は高めになります。

アミノ酸洗浄成分(界面活性剤)の特徴
  • 優しい洗いあがり
  • フケやかゆみがある人に向いている
  • 弱酸性
  • 保湿力が強い

この様に少し高価でありますが、髪にやしい洗浄成分(界面活性剤)を使用したシャンプーが「アミノ酸シャンプー」になります。

「アミノ酸シャンプー」と「ケラチンシャンプー」の違いとは?

最近人気の「ケラチンシャンプー」と「アミノ酸シャンプー」との違いは洗浄成分(界面活性剤)と有効成分(配合成分)になります。

洗浄成分(界面活性剤)有効成分
アミノ酸シャンプーアミノ酸系を使用商品によって異なった有効成分を使用
ケラチンシャンプー商品によって異なった洗浄成分(界面活性剤)メインの有効成分がケラチンを使用

分かりやすく表にするこのようになります。

ここ数年「アミノ酸シャンプー」「ケラチンシャンプー」の2種類のシャンプーはヘアケアの中で注目を浴びています。

2種類の違いを理解しておくとご自身のシャンプー選びにお役になてると思います。

まとめ

「アミノ酸シャンプー」は洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸を使用したシャンプーになります。

有効成分にアミノ酸を配合しているものは、一般的に「アミノ酸シャンプー」とは呼びません。

ケラチンシャンプーとの違いとして違いは洗浄成分(界面活性剤)と有効成分(配合成分)になります。

これまでもネットや美容室でシャンプーについて知識をつけられてきたと思います。

この記事においても「アミノ酸シャンプー」「ケラチンシャンプー」についてご理解いただき、これからのシャンプー選びにお役に立てたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA