男性の縮毛矯正とは?メリットとデメリット失敗しないためのヘアスタイルを解説

Pocket

男性の縮毛矯正はこから女性と同じくヘアスタイルの主流になります。

男性でも「くせ毛」で広がりウネリでお困りの方は多くいらっしゃいます。

くせ毛での悩み
  • 毎朝のスタイリングが決まらない
  • 雨の日や湿度の高い日は髪が爆発する
  • 髪を伸ばしたいのに綺麗に伸ばせない

ストレートヘアは女性だけのあこがれではなく男性でも憧れます。

しかし、男性の縮毛矯正(ストレートパーマ)に抵抗やお悩みがある方が多いのも現実

男性が縮毛矯正に対する悩み
  • 男なのに縮毛矯正(ストレートパーマ)かけていいの?
  • どれくらいの長さ・時間・費用が必要かわからない
  • 美容室での頼み方がわからない
  • そもそも自分にストレートパーマが似合うかわからない

この様に「男性の縮毛矯正」にはまだまだハードルが高いように思います。

そんなあなたにご覧いただくための記事になります。ぜひ最後までお付き合いください。

この記事をご覧になってわかること
  • 「男性の縮毛矯正」の費用・頻度・長さ・施術時間
  • 「男性の縮毛矯正」美容室でのオーダー(頼み方)
  • 「男性の縮毛矯正」メリット・デメリット
  • 縮毛矯正とストレートパーマの違い
  • 「男性の縮毛矯正」おすすめヘアスタイル

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室について詳しくはこちらの記事を

nicoの髪質改善を見てみる

高知黒潮町nico(ニコ)髪質改善美容室についてをInstagramで見てみる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takayuki-kusume(@nico.hairsalon)がシェアした投稿

「男性の縮毛矯正」とは値段・頻度・時間・長さを解説

男性が縮毛矯正を美容室でオーダーすることは今ではめずらしくありません。

しかし、やはりオーダーするにあたって

  • 値段
  • 頻度
  • 施術時間
  • 必要な長さ
  • 頼み方(美容室でのオーダー)

この様な疑問ががるのも現実、美容室で相談する前に少しこの記事で「縮毛矯正」の疑問を解決しましょう。

「男性の縮毛矯正」必要な長さ

「男性の縮毛矯正」に必要な長さは10㎝以上が必要です。

男性の多くはショートヘアの方が多いかと思います。

まして癖や広がりが気になってている男性は伸ばすことができにくい方が多いのではないでしょうか?

しかし縮毛矯正の最大の特徴(施術)は中間処理でヘアアイロンを当てることになります。

美容室で使用するアイロン

この様に美容室で使用する専門的なアイロンの幅は約3~5cmになります。

施術時のアイロンは約180℃くらいあるため地肌から直接当てることはできず5㎜程度は離します。

そこにアイロンんを施術するため美容師さんの指を入れる幅も必要なため最低でも必要な長さは約10cm が必要になります。

癖や広がりにお悩みでもまずは10㎝程までは頑張って伸ばしてみましょう。

「男性の縮毛矯正」必要な長さ注意点
  • 全体的に10㎝暗いが必要
  • ツーブロックや刈り上げスタイルの場合はトップが10㎝以上あればOK

「男性の縮毛矯正」の値段

「男性の縮毛矯正」と「女性の縮毛矯正」に値段の違いは無く

15,000円~20,000円が相場

基本的に男性も女性も縮毛矯正の値段に違いを設けていない美容室が多いようです。

中には縮毛矯正の値段が10,000円を切る美容室もあります。

価格が安いイコール施術が下手や手抜きがるある訳ではないと思いますがあまり安価な設定をしているところは避けたほうがよろしいかと思います。

次に美容室によって縮毛矯正の値段にカット料金が含まれる場合と含まれない場合がるので初めに確認がひつようです。

「男性の縮毛矯正」の値段の注意点
  • 15,000円~20,000円が目安
  • 安価すぎは危険
  • 縮毛矯正料金にカット料金が含まれるかどうか確認

「男性の縮毛矯正」 施術時間

「男性の縮毛矯正」と「女性の縮毛矯正」基本的に施術時間に違いはありません

  • ショートヘア 約3時間
  • ミディアムヘア 約4時間
  • ロングヘア 約4時間以上

上記の施術時間は平均的な毛髪・くせの状態での施術時間になり極端に癖が強い場合は施術時間も長くなります。

「男性の縮毛矯正」 施術時間の注意点
  • 最低でも4時間の予定時間をもって来店
  • カットあり・カットなしでも施術時間の差があります。

「男性の縮毛矯正」頻度

ご自身が気になり始めたら時が次回の縮毛矯正

長年縮毛矯正をされている方はご自分で縮毛矯正の頻度をご自身で把握されていると思われます。

しかし初めて縮毛矯正をされた方は次回どのくらいの間隔で縮毛矯正をすればいいのか判断しずらいのではないでしょうか?

上記にも書いたようにご自身が気になり始めた時が次回の縮毛矯正で大丈夫と思います。

あくまでも平均的な頻度は下記になります。

平均的な縮毛矯正の頻度
  • ショートヘア 2か月~3か月に一度
  • ミディアムヘア 3か月~4か月に一度
  • ロングへ 4か月以上

「男性の縮毛矯正」美容室での 頼み方(オーダー)

美容師さんとの意思疎通が大事

縮毛矯正を美容室で注文される方はもちろんストレートへにしたいから来店されるわけです。

ストレートヘアにした場合どのような髪形(ヘアスタイル)にしたいかも重要になってきます。

男性の場合はショートヘアが多いので髪形(ヘアスタイル)も重要になります。

ご自身の思う浮かべる髪形(ヘアスタイル)をまず画像などで検索し美容師さんに見せることが先決になります。

「男性の縮毛矯正」頼み方(オーダー)注意点
  • イメージの髪形(ヘアスタイル)を美容師さんに見てもらう
  • イメージの髪形(ヘアスタイル)にホントに縮毛矯正が必要かどうかも確認する。
  • なるべく自然なストレートのしてもらう

「男性の縮毛矯正」メリットとデメリット

男性が縮毛矯正をかけるときもちろん「メリット・デメリット」があります。

男性の縮毛矯正のメリット
  • ストレートヘアになる
  • 朝のスタイリングが楽
  • 男性のくせ毛でもロングヘアにしやすい
男性の縮毛矯正デメリット
  • 費用がかさむ
  • 自然なスタイルを作りにくい
  • 髪が傷む

大きくこの様なメリット・デメリットがあります。下記で詳しく解説していきます。

「男性の縮毛矯正」メリット

「男性の縮毛矯正」の最大のメリットはくせ毛をストレートヘアにできることです。

男性のくせ毛の悩み
  • 毛髪のボリュームがでてまとまらない
  • 天気によってヘアスタイルが変わる
  • ロングヘアにしたいけどくせ毛で伸ばせない

くせ毛の方はこの様なお悩みがあるわけですが基本的にすべて解決します。

これに加えて

  • 朝のスタイリングが楽になる
  • 艶々の髪になる

などいろいろなメリットがあります。

「男性の縮毛矯正」をかけるとシルエット・フォルムが変わるわけですが、もう一つの大きなメリットは「気分や雰囲気」もいい方向に変わることもできます

「男性の縮毛矯正」デメリット

「男性の縮毛矯正」の最大のデメリットはや自然なスタイルになりにくいことです。

男性の縮毛矯正をかけた後のお悩み
  • 思ったよりツンツンする
  • スタイリングがいまいちしずらい
  • 自分に似合ってるか不安

この様に男性が縮毛矯正をかけたとき思ったより「あれ?」って思うお悩みです。

髪質や長さにもよりますが、自然なスタイルを作りにくいといった事が多くきかれます。

「男性のくせ毛」縮毛矯正とストレートパーマどちらを選ぶべき?

完全にストレートにしたい場合は「縮毛矯正」

ボリュームダウンの場合は「ストレートパーマ」

男性がストレートヘアにしたい場合「縮毛矯正」か「ストレートパーマ」を選択したらいいのか悩まれる場合が多くなります。

ここか

  • ストレートパーマと縮毛矯正の違い
  • 「男性のくせ毛」ストレートパーマ
  • 「男性のくせ毛」縮毛矯正

について解説していきます。ご自身の髪の状態や理想のヘアスタイルに「縮毛矯正」「ストレートパーマ」どちらを選択したほうがいいのか参考にしてください。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマと縮毛矯正の違いには

「時間」「値段」「施術」「仕上がり」「持続期間」

大きく分けてこの5つの違いがあります。

この違いは男性・女性に関係なく違いがあります・。

ここからはこの5つの違いをを詳しくご説明していきます。

①【縮毛矯正・ストレートパーマ】の違い「時間」「値段」

「時間」と「値段」平均的に倍の違いがあります。

施術時間値段
ストレートパーマ1時間半~2時間6,000円~15,000円
縮毛矯正3時間~4時間20,000円~30,000円

カットやオプションメニューによって時間差はありますが、平均的にこのような時間と値段で仕上がる美容室が多いかと思います。

②【縮毛矯正・ストレートパーマ】の違い【施術】

「縮毛矯正・ストレートパー」」大きな違いの一つが施術の中のアイロン(熱)です。

施術の中間でアイロン(熱)を入れるか入れないかで、【くせ毛】伸びが変わってきます。

・【縮毛矯正】工程
  1. カウンセリング
  2. 前処理
  3. 還元剤を塗布 
  4. お流し
  5. アイロン・熱処理
  6. 酸化剤
  7. 仕上げ
・【ストレートパーマ】工程
  1. カウンセリング
  2. 前処理
  3. 還元剤を塗布 
  4. お流し
  5. 酸化剤
  6. 仕上げ

美容室によっては中間や後処理にトリートメントなどを追加する場合もありますが、基本的にこの様な工程になります。

③「縮毛矯正・ストレートパーマ」の違い・仕上がり・持続期間

仕上がりの違いとしては、「くせ毛」を完全に伸ばすか、ボリュームダウンするかの違いになってきます。

仕上がり持続期間
ストレートパーマストレートパーマの「くせ毛」の伸びに関しては個人差があり、ボリュームダウンを目的に行うイメージがよろしいかと思います「くせ毛」の強さや髪質によって変わってきますので、かなりの個人差がありますし。(完全にストレートになることはありません)
縮毛矯正「くせ毛」をしっかり伸ばし、ストレートにしていきますので、綺麗に毛髪の面が整うことによって、艶、サラサラした質感が特徴「くせ毛」の強さや髪質によって変わってきますので、かなりの個人差がありますし。基本的に矯正を施術した部分は半永久的に直毛になります。

「男性のくせ毛」ストレートパーマ

ボリュームダウンを目的として

男性がくせ毛でストレートパーマを選択される場合は

  • ボリュームダウン
  • アイロンを入れる長さがない場合
  • 一時的なスタイルチェンジ

この様な場いいはストレートパーマをオーダーされることがよろしいかと思われます。

上記でも説明したようにストレートパーマは完全に「くせ毛」を伸ばすことはできません。

施術前に美容師さんとの相談をお勧めします。

「男性のくせ毛」縮毛矯正

完全なストレートヘアにお勧め

男性が縮毛矯正を選択される場合は

  • 完全にくせ毛を伸ばしたい方
  • ロングヘアにしたい方
  • サラサラヘアにしたい方

この様な場合は縮毛矯正をオーダーされるとよろしいかと思います。

「男性の縮毛矯正」デメリットでも解説したように自然なスタイルになりにくい場合があります

施術前に美容師さんになるべく自然な仕上がりになるよう相談をお勧めします。

インスタグラムで見る「男性の縮毛矯正」おすすめヘアスタイル

「男性の縮毛矯正」おすすめヘアスタイルはこの2つ

  • ツーブロックスタイル
  • マッシュスタイル
「男性の縮毛矯正をかけた後のお悩み
  • 思ったよりツンツンする
  • スタイリングがいまいちしずらい
  • 自分に似合ってるか不安

上記でも解説したようにこの様なお悩みを少しでも軽減してくれるスタイルになります。

これから縮毛矯正をされる場合の参考にしてみてください。

ツーブロックスタイル

「男性の縮毛矯正」にはメリハリのきいたツーブロックスタイル

縮毛矯正の最大の特徴「ストレート」もちろん全体にかけるのもOKなのですが、ツーブロックスタイルでメリハリをつけると立体感がでておしゃれでかっこいいです。

男性の縮毛矯ツーブロックスタイルのここがいい
  • 立体感出る
  • メリハリがきいて清潔感がでる
  • どのような頭の形にも似合いやすい
  • 黒髪に似合いやすい

マッシュスタイル

「男性の縮毛矯正」に韓国風マッシュスタイルがおすすめ

最近学生さんには大人気「マッシュスタイル」やはり韓国スタイルの影響が多いようです。

ストレートヘアが必須のマッシュスタイル学生さんや韓国スタイルがお好きな方ににはぜひお勧めです。

「男性の縮毛矯正」ホームケア商品

「男性の縮毛矯正」のホームケアはサラサラタイプ一択

せっかく時間もお金もかけた縮毛矯正少しでも綺麗にケアしてみてはいかがでしょうか?

ここではスタイリング剤(ワックス・ジェル)ではなくお家でケアするアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をご紹介していきます。

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)とは

基本時にいつ付けてもOKなヘアケア商品になり髪を「熱・摩擦・紫外線」などのダメージから守る住ヘアケア商品になります。

セット力はなく基本的な使い方としてドライヤー前や寝ぐせ直しにも使用します。

『THE SLEEK』サラサラ最強‼︎のアウトバストリートメント 150ml 3520円

サラサラ+爽快な香りの『THE SLEEK』ドライヤー前や寝癖直しにさっとつけるだけで「男性の縮毛矯正」に最適です。

TEH SLEEK(ザスリークヘアミスト) あなたはまだホントの『サラサラ』を知らない

『ハッチ・アルファミスト』ツルツル・サラサラ・最強ヘアミスト220ml ¥3,500

カラー毛などのダメージした髪に縮毛矯正をした場合はこちらのミストがおすすめ!

ダメージ補修+サラサラ質感の優秀ミスト「ハッチ・アルファミスト」になります。

『ハッチ』アルファミスト 『補修型ヘアミスト』であなたのダメージ毛をそのままにはさせない‼︎

まとめ

「男性の縮毛矯正」は

男性の縮毛矯正のメリット
  • ストレートヘアになる
  • 朝のスタイリングが楽
  • 男性のくせ毛でもロングヘアにしやすい
男性の縮毛矯正デメリット
  • 費用がかさむ
  • 自然なスタイルを作りにくい
  • 髪が傷む

メリット・デメリットがありますが、適切な知識を持つことでご自身の理想のヘアスタイルに近づけると思います。

まづは信頼のおける美容師さんのにご相談し「縮毛矯正」なのか「ストレートパーマ」にするほうがいいのか相談することをお勧めします。

                  

nicoのお店の様子はInstagramでもご覧いただけます!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takayuki-kusume(@nico.hairsalon)がシェアした投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA